登録・会費 無料!
お問い合わせ・ご相談はこちら
  1. TOP
  2. 読んでよかった!開業指南塾
  3. 医院開業時のスタッフ面接のツボ

the医院開業|医院開業時のスタッフ面接のツボ

読んでよかった! 開業指南塾
開業に関する欠かせない情報が満載

開業前の知識医院開業時のスタッフ面接のツボ

the医院開業サイトの医院新規開業時のスタッフ面接のツボ。開業前の忙しい中で効率よく多くの人を面接するために事前準備、面接当日、結果通知までの一連の流れをしっかりスケジューリングしておくことが大切です。

スタッフ面接の流れとポイント

開業前の忙しい中で、効率よく多くの人を面接するために会場手配や面接者への連絡などの事前準備はもちろん、面接当日の関係者の動き、結果通知がどのタイミングでだれが行うのかまでの一連の流れをしっかりスケジューリングしておくことが大切です。
採用者を決められずに、ダラダラと時間が過ぎてしまうことのないように、面接の段取りをしっかりシミュレーションしておくことが大切です。

スタッフ面接の事前準備

  • 最初に面接会場を押さえておきましょう。
    開業時の採用では、クリニックの場所を使えないことが多いので、面接会場の場所取りは重要です。
    クリニックの近くにある貸し会議室を確認し、3日間くらい日にちを押さえておきましょう。
    決して喫茶店で面接するようなことはないようにしてください。
    会議室を借りる場合、受付など面接者を迎えるスペースがあるか、待ってもらうスペースはあるかなども確認しておきましょう。
  • 次に、何人の人を面接するかです。
    通常、医療事務職へはたくさんの応募がありますので、年齢や経験の偏りがないように選んで、できれば最低10人くらいは面接しましょう。
    一方、看護師は人手不足で応募者が少なく選べないというのが現状です。
    例えば「子育て中の女性で優秀な人。最初はパートで。」といった採用側の都合が、まったく通用しないこともあります。
    できれば、看護師は常時募集をかけて、いい人がいれば採用する、というスタンスでいたほうがいいでしょう。
  • 面接の時間は、応募者が被らないように調整が必要です。
    実際の面接は30分程度でも1時間に1人くらいの余裕をもった時間設定をしましょう。
    面接者への通知方法は、最近では電話に加え、メールでも行われます。
    履歴が残るので確認にも便利です。

当日の面接者の迎え方

  • 貸し会議室で行う場合でも、面接者を迎える人は必要です。
    開業コンサルタントに手伝ってもらってもいいですが、できるならば女性(たとえば奥さま)にお願いしてみてはいかがでしょうか。
    クリニックのスタッフは女性が中心です。
    その人の立ち居振る舞いや雰囲気など男性の目、女性の目、両方で見てみると違った印象を受けることが多いものです。
    そのため面接の受付時だけは奥さまに頼んでみてもいいかもしれません。
    面接をする先生は、できれば会議室で待機して、応募者が部屋に入ってくるところからチェックするようにしましょう。

実際のスタッフ面接

  • 面接には最低でも30分は時間をかけましょう。
    応募者全員に必ず聞くこと、応募者ごとに個別に聞きたいことなど、質問は事前に用意しておくとスムーズに進みます。
    面接中に話が弾んで、予定外の方向に進んでしまっても「これだけは確認する」という質問を決めておけば安心です。
  • 面接は相手を見るだけでなく、どのようなクリニックを作りたいか、という先生のお考えを説明する場でもあります。
    つい気持ちが入り過ぎて饒舌にならないように3分程度で新しいクリニックへの抱負、理想などを話せるように準備されることをお勧めします。
    その考えに共鳴して、「ぜひこちらで働きたい!」と言ってくれる人を採用するためにも、大切なことです。
  • また、採用条件の説明は必要です。
    勤務時間、休診日、社会保険関係の有無など最低限のものについては、見ながら説明できるように紙にまとめておくといいでしょう。
    第一印象も採用を決める上では重要ですが、容姿だけで判断することないようにすることも大切です。
    患者さんに不快な印象を与えるような人、声が小さくて覇気のない人、逆に元気過ぎて疲れてしまう人など、自分なりのNGポイントを前もって挙げておくのも一つの手です。

通知結果

  • 合格者には、先生が電話でご連絡するようにしたほうが良いと思います。
    その際、面接時に提示した採用条件については了解しているかどうか、もう一度確認してから、次回の面談日を決めてください。
    正式な賃金については、次に会う時に提示して判断してもらいましょう。
    電話で提示するのはトラブルのもとになるので、やめましょう。
  • 不採用者には、メールか手紙できちんと連絡をします。
    定型文ではなく、できればご自身で考えた文面で連絡すると、受け取る側の印象も違うものです。
    賃金などの条件もクリアして、正式に採用が決まったら、スタッフの顔合わせも兼ねて、できるだけ早い時期にクリニックに集まってもらうといいのではないでしょうか。
    一緒に働く仲間ですから、どんなクリニックになるのか、工事の段階から見てもらうと愛着も沸いてくるものです。
    その際、工事が間に合うのであれば、スタッフが使用するロッカーや休憩室などについて、要望を聞いておくのもいい関係を結ぶための一つの手段になるかもしれません。

医院開業時のスタッフ面接のツボ 関連コンテンツ

開業の落とし穴Vol2.「採用」編

FILE 003 いくらまで払えますか?」
FILE 006 面接をスムーズに行うための準備は?
PAGETOP