登録・会費 無料!
お問い合わせ・ご相談はこちら
  1. TOP
  2. 読んでよかった!開業指南塾
  3. 医療モール開業のメリットとデメリット

the医院開業|医療モール開業のメリットとデメリット

読んでよかった! 開業指南塾
開業に関する欠かせない情報が満載

開業前の知識医療モール開業のメリットとデメリット

the医院開業サイトの医療モール開業のメリットとデメリットを解説。医療モール開業には様々なメリットのほか、デメリットもあります。このページでは、医療モール開業をお考えの先生に有益な情報をお伝えします。

医療モール開業のポイント

現在は、多くの特に大手調剤薬局を中心に積極的に医療モールが企画されています。

開業を考えたことのある先生方は一度くらいは医療モールでの開業を検討されたことがあろうかと思います。

そこでここでは、医療モールでの開業におけるメリットとデメリットを考えて見たいと思います。

医療モール開業のメリット

集患面でのメリット

  1. 医療モールはワンフロアまたは同じビル内に複数の専門診療科を有するクリニックが集まることにより、地域住民に認知されやすいというメリットがあります。
  2. また患者としても同じ場所で複数科目の受診ができることも多いことから、利便性が高いといえます。
  3. また医療モールでは、モール全体として
    • 健康相談会
    • 健康セミナー
  4. などといったイベントを行うことで共同で集患対策を行うこともできます。
  5. さらに他科を専門とするクリニックと密に連携を図ることにより、広い意味で診療の質が高くなり、ドクターの負担軽減と患者の安心感が増します。

コスト面等のメリット

入居するハード面でも単独での開業に比べ、クリニックが入所することが前提で設計・施工されていることが多く、内装コストが下がる場合や看板や駐車場、トイレなどを共有化することで、費用負担の軽減のほか、賃借面積も小さく済むケースが多くあります。
さらに院外処方の場合、門前薬局を探さなくても良く、また色々なアドバイスを受けることが多いのも事実です。

医療モール開業のデメリット

同居する他のクリニックとの軋轢

複数のクリニックが同居する医療モールの場合、他のクリニックの評判が悪いと同じ医療モールで開業しているクリニック全体に影響を受けることがあります。
また、治療面で複数の診療科にまたがる病気の場合、患者の奪い合いが生まれることもあり、クリニック同士の関係がこじれることもあります。

選択肢等の縮小の可能性

開業時に内装業者や機器等の物販会社、税理士事務所などを指定される場合もあり、自由に選べないこともあります。
また、休診日や診察時間などの制約を受けることもあります。

医療モール開業での留意点

消防法で、防火管理者の選任が必要な場合には、「防火管理講習」受講が必要となります。

医療モール開業のメリットとデメリット関連コンテンツ

開業ケーススタディ

FILE 005 医療モール内の連携強化
PAGETOP