登録・会費 無料!
お問い合わせ・ご相談はこちら
  1. TOP
  2. 読んでよかった!開業指南塾
  3. 開業の落とし穴VOL2「採用」編
  4. クリニックスタッフのキャリアプランを聞くことはハラスメント?

the医院開業|クリニックスタッフのキャリアプランを聞くことはハラスメント?

読んでよかった! 開業指南塾
開業に関する欠かせない情報が満載

その「こたえ(考え)」では穴に落ちる!?開業の落とし穴 vol.2「採用編」

スタッフとの最初の出会いとなる「採用」の落とし穴
にはご注意を!知識を整理しエピソードでご紹介!

FILE 021

働く環境はスタッフと一緒に考える

イメージ

結婚したばかりの事務スタッフ山岡さおりさんの様子が気になる宗田郁三先生。同窓会で再会した先輩女医、篠塚玲子さんに思い切って相談してみることにしました。
クリニックを経営して7年の篠塚先生は、宗田先生の話を聞くやいなや、「スタッフときちんと面接している?いいスタッフに恵まれて、安心しちゃったわね」と言ったのです。
順調に行っていると思っていた宗田先生のマネージメント、何が問題だったのでしょうか。


キャリアプランを確認することがパワハラになる!?

「女性スタッフの雇用にはこまめな面接が必要」
「1年に1回は、自身のライフプラン、キャリアプランを考えさせる」

篠塚医師のアドバイスは納得できるものでした。しかし、宗田医師にはとてもできそうには思えません。
もともと人とコミュニケーションを取るのが苦手でしたし、相手が女性であればなおさらです。

 

こまめな面接に、1年に1回、新たなライフプランを考えさせるなんて、僕には無理ですよ。

イメージ
イメージ

確かに、始めるときは私も大変だったわ。
本音を言えば、私自身、そんな面倒なことをしたくなかったしね。
それにスタッフを納得させるのも一苦労だったの。

 
 

ですよね。いったいどうやって納得してもらったのですか?

 
イメージ

魔法はないわ。一生懸命、私の思い、考えをスタッフに説明したのよ。でも、「なぜ先生に自分のプライベートなことまで話さなければならないんですか。それはパワハラです!」って言われたときは、さすがにしょげたわね。

 
 

そんなこともあったんですか……。ますます僕には無理だな~。

イメージ
イメージ

でもね、山内さんが自分のキャリアプランを話してくれたことで、私も覚悟が決まったのよ。

 
 

なるほど……。

イメージ
イメージ

山内さんから、このクリニックには産休制度も育休制度もない。せっかく自分の目指す医療とぴったり合う先生に出会えたのに、このままではここで働くのは厳しい、ってはっきり言われたでしょ。正直あれはつらかったな~。

 
 

それで、先生はどうしたんですか?

 

それから篠塚医師は、どのように自分のクリニックをみんなが働きやすい環境に変えていったかを説明してくれました。

PAGE
TOP