開業トレンド

昨今の医療開業マーケットにフォーカス!
社会的背景やその時代に求められていた医療、診療所のあり方や、精度・診療報酬改定、主流となっていた開業スタイルが「開業マーケット」にどのような影響をあたえていたかを様々な切り口で分析。
長引く景気低迷の中、開業マーケットはどうなっていくのかを様々な視点から考察していきます。

会員の方はすべてのコンテンツがご覧いただけます。詳細はこちら。

FILE 001

医療政策と開業トレンド(総論)

クリニックを成功させるための秘訣は、きちんとした診療と医院経営。医院経営を構成する要素として、質の良い医療を社会の流れに乗って提供するということがあります。

前編

医療政策の目指す方向〜  医療経営に影響を与える3つの要素とは?
医療経営に生かすために医療政策のトレンドを知る事が重要。

後編

医療政策の根拠〜  治療のみならず予防医療へと広げ医療政策の質と効率の向上へ。 病気のステージと医療費の関係。QOLの向上と医療費の削減。

以下のコンテンツは会員専用となります。ログインまたは新規会員登録をしてからご覧ください。

FILE 002

医療政策と開業トレンド(各論)

増加傾向にあった一般診療所が2007年以降は天井を打つ結果となっています。
第2回では医療制度改革との関係からその背景を検証します。

前編

統計上は増加が止まった一般診療所数〜  その増加が天井を打つまでの医療制度改革とは? 2012年の診療報酬・介護報酬の同時改定は注視が必要。

後編

今時の診療所の開業〜  開業数横ばい=開業に歯止めではない。
一般診療所開業数が増えない理由は?

FILE 003

在宅医療へシフト

開業ペースが鈍くなる中で活況な医療機関があります。在宅医療を中心に 医療サービスを提供している診療所です。 経営資源の選択と集中、システム化を行うことで快進撃を続けています。

前編

在宅療養支援診療所により追い風に〜在宅診療を中心として開業する形態が診療所の開業形態として定着。
在宅療養支援診療所の要件や在宅医療の診療報酬算定ロジックを整理。

後編

在宅医療のメリット〜診療所経営の面においてもメリットは多い在宅医療。
効率的に専門スタッフと協力し医師の負担を軽減することがポイントに。

FILE 004

介護サービス

医療サービスと切っても切れない関係にある介護サービス。 第4回では医療機関を経営するにあたって必須事項となる介護保険と開業の在り方 について説明いたします。

前編

介護保険の特徴〜 介護サービスの提供に関しては営利法人が参入できるのが大きなポイント!

後編

介護保険とともに〜 介護サービスや在宅医療の政策は今後も充実する方向に。
これからの診療所経営を成功させるために、介護を意識した「開業」と「経営」を!

FILE 005

診療報酬点数と改定対策

医院経営で医療の質の次に気を配らなければならないのが診療報酬です。 診療報酬は、医療行為に対して決められた公的な価格表ともいえます。 第5回では、売上アップのお手伝いになるような診療報酬の実際について 説明します。

前編

診療報酬点数表の基本構成は基本診療料と特掲診療料。
外来診療料と診療科に依存した特掲診療料について理解するのがお勧め。 診療報酬改定への対応も忘れずに。

後編

診療報酬点数をみてみましょう!
診療報酬点数を賢く見て点数算定漏れがないようにすることがポイント!

FILE 006

コンサルタントの利用法

病院コンサルタントや経営コンサルタントといった様々なコンサルタントが存在します。
今回はコンサルタントについて知ることで失敗しないコンサルタント選びについて説明します。

前編

経営のパートナー、コンサルタントとは?
国家資格ではないコンサルタント。その「質」を見極めることが重要。 診療報酬改定への対応も忘れずに。

後編

コンサルタントの分類と利用法。
医療経営コンサルタントは6つのカテゴリーに分けられる。

FILE 007

新しい開業形態

近年多くの開業スタイルがありますが、どのスタイルをとっても 共通している成功のポイントは「マーケティング」。
今回はマーケティングで重要な7つの要素を医療機関経営に応用してご説明します。

前編

開業もマーケティングの時代
医院の開業もマーケティングを意識すると成功がより身近なものに!

後編

変わりゆく開業
メスを捨てない開業!?在宅専門の開業!?

FILE 008

経営におけるリスクマネジメントとBCP

昨年の東日本大震災では様々な事を考えさせられました。
生命の危機はもちろんですが、今回は生活基盤である医療機関の 経営をも揺るがしかねない事態にどう備えるかという点について ご説明します。

前編

医院経営におけるリスク
そもそも経営リスクとは何をさすのでしょうか?
あらかじめ対応策を作っているのとないのとでは大きな差が 生じることに。

後編

BCP(Business Continuity Plan)という考え方
医院におけるBCP策定のポイントを整理。5つのポイントを 元に緊急事態に備えます。

FILE 009

メディカルツーリズム

昨今耳にすることが多くなってきたメディカルツーリズム。 鳴り物入りで始まったメディカルツーリズムについて検証するとともに 医院にとってどのような影響があるのか考えてみたいと思います。

前編

メディカルツーリズムとは?
メディカルツーリズムは全世界で500〜600万人!?
日本のメディカルツーリズムの課題を3つの視点で整理します。

後編

メディカルツーリズムの今後
欧米、中南米、アジア、中東、アフリカで受け入れているメディカル ツーリズム。
日本における今後のメディカルツーリズムの可能性、 医院経営との関係は?

FILE 010

診療報酬の改定

診療報酬改定が行われました。今回の診療報酬改定は地域医療における 医療機関の位置づけと機能強化がテーマとなっているようです。
今回の改定が医院経営に与える影響について説明したいと思います。

前編

2012年診療報酬改定の特徴
診療報酬改定と医院経営の関係について。

後編

診療所経営に影響を与える診療報酬点数
大病院は外来を縮小、医院への逆紹介が増える。 医院経営に大きな影響を与える改定は外来リハビリテーション。

FILE 011

薬剤を取り巻く環境

医薬分業や医薬品のジェネリック化も一段落し、そろそろ質の向上が求め られつつあると診療報酬改定から感じられます。
今回は、医院経営にも影響を及ぼす「薬局」と「医薬品」について今後はどのように なっていくのかについて大胆に予測していきたいと思います。

前編

医薬分業について
医薬分業がもたらしたもの。そのメリット、デメリットとは?

後編

今後の日本の薬局と医薬品
医院によっては経営を圧迫される可能性も!?
スイッチOTC(Over The Counter Drug)の今後の動向に注目。

FILE 012

TPPと外国人の活用、開業とオペレーション

これまで医療を取り巻く環境と医院経営に係る問題について書いてきました。最終回はTPPと外国人の活用と開業に当たってのオペレーションに関する部分で気を付けなければならないことの2本立てにしたいと思います。

前編

TPPと外国人の活用

後編

開業とオペレーション