お金のはなし

医師特有の人生設計図。
「開業」という大きな決断、その時期が人生設計図に与える影響は?
「お金のはなし」では、主人公財前ドクター(35歳)が登場します。勤務医を続けたら?開業したら?選ぶ道によってお金の何が変わるのか。リスクにはどう備えるのか。
財前ドクターの歩む道(選択)毎にシミュレーションで解説します。

会員の方はすべてのコンテンツがご覧いただけます。詳細はこちら。

FILE 001

ドクターの人生設計。どの道を歩みますか?

ドクターがライフプランを考えた場合、まず大きな選択肢「勤務医を続ける」か「開業する」がある。どちらの道を進むにせよ、流れに身を任せての決断ではなく、明確なライフプランに従いひとつひとつ夢を実現していく生き方を今から考えてみませんか。


前編

ドクターのライフプランを考える
まずは、自分や家族が思い描くライフプランを明確にし実現するにはいくら収入が必要なのかをイメージする

後編

35歳:財前ドクターのプロフィール
大学病院勤務の財前ドクター(仮称)は、奥様とお子様2人の4人家族の想定です。今後のライフプランをどう描いていくか今はまだ迷っています。

以下のコンテンツは会員専用となります。ログインまたは新規会員登録をしてからご覧ください。

FILE 002

キャッシュフロー表の作成で、見えてくる課題・難題。さて、その解決策は?

自分や家族が思い描くライフプランを明確にし、それを実現するためにはいくら収入が必要なのかをイメージするため、大学病院勤務医の財前先生(仮称)はファイナンシャルプランナーを訪ねました。


前編

「キャッシュフローの作成」
財前家の思い描いた生活はいくらかかるのか? 平均値などではなく、可能な限り具体的な金額を見積もってキャッシュフロー表を作成していきます。

後編

「キャッシュフロー分析」
一目瞭然の家計破綻。ライフプランを変更しますか?働き方を変更しますか?

FILE 003

クリニックも倒産する時代と言われるけれど

「勤務医を続ける」場合のキャッシュフローを作成した財前先生(仮称:35歳)ですが見込んだ収入で思い描いた生活の実現は残念ながらできないことが判明。「開業する」選択をした場合ではどうなるのか?開業計画を立てながら検討していきます。


前編

開業の事業計画書
一般内科の平均診療単価・経費率で試算してみると・・・

後編

開業した場合のキャッシュフロー分析
ライフプランの実現可能性が見えてきた!

FILE 004

医院開業時のリスクマネジメント その1.休診時のリスク対応

今回は、開業後の万が一の時の備え、リスクマネジメントについて考えていきたいと思います。 開業後に、先生が病気やけがなど体調面による理由またはクリニックが罹災にあうなどの理由で長期の休診を余儀なくされる事態ともなれば、まったく収入が途絶えてしまうばかりか、 勤務医のときには不要であった、クリニックの家賃や医療機器のリース料、スタッフの人件費などの固定費や、事業ローンの返済などの負担が大きくのしかかってきます。
本編ではそのような開業後の「クリニックの休診」のリスク対策についてご紹介いたします。


前編

万一の病気やけがが開業医に与えるインパクトは?
開業によるリスク許容度の低下に備えるには

後編

自宅の罹災とクリニックの罹災では、まったくリスクの質が異なります。
しかし、その対策は?

FILE 005

新規開業時に加入する社会保険について (セカンドライフの年金設計)

勤務医から開業医の選択をすると、当然ながらセカンドライフの年金設計も変わってきます。たくさんの制度がありますが、今回それぞれを整理しながら解説いたします。
また経営者となった先生がご自身のために、従業員のために加入する社会保険についても解説いたします。


前編

厚生年金から国民年金へ、将来の年金額の変化とその対策は

後編

クリニックの社会保障制度と福利厚生制度をどう考えるのか
その費用負担と効果

FILE 006

医師としてのキャリアプランと家族のライフプランの現実的な交点の検証
開業時期を先へのばした場合は?

ドクターの大きな選択肢「勤務医を続ける」か「開業するか」。明確なライフプランを設定し、 1.勤務医を続けた場合(第2回掲載)、2.開業した場合(第3回掲載)の2つの人生キャッシュフローを作成した財前先生(仮称:35歳)。
2つの比較をしたうえで、「開業する」道を選ぶことにした先生ですが、開業する時期ついては少し考えがあるようです。
今、開業するのとしばらく後に、開業するのとではキャッシュフローでは何がどうかわってくるのでしょうか。


前編

財前先生の開業に向けた思い

後編

10年後の開業で変わるCFとライフプラン実現の可能性

FILE 007

万一のライフプランから見えてくる財前先生の家族への思い。

開業を決意した財前先生。開業の資金も気になるところでがもう1つ気になっていることがありました。
お子さんが生まれたときに「とりあえず・・」加入した保険、その補償額や内容についてきちんと理解していなかったのです。
大きな決断をしたこの機に、今一度きちんと設計し直すことにしました。


前編

万一の時の必要補償額を考える

後編

ライフプランから必要な保険を設計する

FILE 008

最終回!医療法人化でこう変わる

新しい勤務先も決まり、ライフプラン実現のために着々と準備を始めた財前先生ですが、今度は先輩医師を同伴し再びFPを訪ねました。
医療法人化のメリットについて、税務面だけでなく保険の活用方法の1つ、生命保険を解約し退職金として受け取った場合などFPならではのライフプランを見据えた長期的視点でのアドバイスを受けることができました。


前編

社会保険報酬が5000万超。医療法人化の検討時期!?

後編

経営内容は同じだった場合「お金」の何が個人事業主と変わるのか?
具体的に比較します!