「the医院開業」トップ > 開業指南塾 > 開業ケーススタディ

開業ケーススタディ

開業後、診療所経営では想定外の出来事はつきもの。
「開業ケーススタディ」では、開業後に起こりえる経営に関わる問題を具体的ケースで検証し、経営改善につながる対策を『処方箋』として解説します。

FILE 001

広告戦略1:広告戦略見直しによる増患対策

患者のつぶやきが改善のヒントに(内科診療所ケース紹介)

FILE 002

広告戦略2:ホームページの戦略的活用

ホームページは「広報」ページ!?(皮膚科クリニックケース紹介)

FILE 003

院内環境の整備と標榜科目の変更

近くに競合クリニックが開院。その影響は(内科・小児科ケース紹介)

FILE 004

継承物件と診療体制の変更

継承物件、盛業の裏にある問題点(整形外科クリニック紹介)

FILE 005

医療モール内の連携強化

医療モールに高い集患効果を期待したが(眼科クリニック)

FILE 006

労務管理見直しによる経営改善1

開業一年でつまづいた人事の問題(整形外科クリニック)

FILE 007

労務管理見直しによる経営改善2

どこにでもある就業規則。でも落とし穴が(内科クリニックケーススタディ)

FILE 008

医師、スタッフの接遇改善(患者満足度調査)による経営改善

親切丁寧”を心がけているが患者数が伸び悩み(内科クリニック)

FILE 009

コスト削減と借り換えによる経営改善

全体はうまく行っていると自負していたが(内科クリニック)

FILE 010

医療法人の活用による税務経営戦略

法人化して税金負担は軽くなる(内科クリニック紹介)

FILE 011

法人によるサテライト経営戦略

閉院するクリニックから継承話が(皮膚科・形成外科クリニック)

FILE 012

医療法人の継承開業

地域に根ざした診療〜継承する形での開業も?(小児科クリニック)